べた焼きとは?       


                           −写真は”ねぎぼうず焼き”です−


小麦粉の生地を薄くしいて、たくあんたっぷり、キャベツ、ねぎ、油かす、豚などのトッピングを。かつおぶしをのせた後、もう一度、小麦粉を落とし込み、最後に玉子(下にしいて焼く)をのせひっくり返すと完成。このような焼き方を”べた焼き”といいます。
最初から具材を混ぜて焼く方法(これを京都では”ねりこみ”と呼びます)に比べると食感があっさりし、具材それぞれの味がよく引き出されます。